誰もが渡る赤信号は自分も渡ってしまう心理

大阪人は赤信号でも横断歩道を平気で渡るとよく語られますが、

実際のところ、大阪でも赤信号を渡らずきちんと交通ルールを守る人のほうが多いです。

 

ただし、おそらく全国的にもそうなのでしょうが、誰かが赤信号の横断歩道を渡りだすと、

それに釣られるようにしてみんなが渡ってしまうことも多いように感じます。

 

これをビジネスに当てはめると、スタートアップ企業がゼロからイチへ進むヒントが見えてきます。

 

その企業としては実績ゼロの状態は、はっきり言ってしまうと信用面では赤信号です。

それでは人が赤信号の横断歩道を渡る時は、どのような心理状態でしょうか?

 

大きく2つに分けると、とても急いでいる時か、たとえ赤信号でも危険を感じない時です。

 

この2つの状況のどちらか、あるいは両方をいかにして作り出すかが、

赤信号企業の経営者が考えるべきポイントかもしれません。

 

そしてなるべく早い段階で、赤信号企業から青信号企業に移り変わっていきましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*