もしも、世界からインターネットが消えたなら。

私たちの生活はインターネットで成り立っている

現在諸事情あって、インターネットが一切つながらない状況下でテキストエディタを開いてこのブログ記事を書いています。
もちろんこの状態がずっと続くわけではなく、本日中にはネット環境が復旧する予定ですが、インターネットが繋がらないというのはとても不便です。

インターネットの登場以来、私たちの生活は激変しました。
WebサイトやWebアプリだけでなく、メールやブログ、SNSなどもインターネット上で動いているのは今更説明するまでもありませんが、
それだけでなくゲームでさえも近頃はネット環境につながっていなければ何もできないものが多いですよね。

IoTの爆発的な普及まで予測されているこの時代に、インターネットが繋がらない……繰り返しますが、それだけでなんと不便なことでしょう。

インターネットの無い世界で現代人は生きていけるか

そんな時代に生まれた私たちが、もしもインターネットを半永久的にその手から取り上げられてしまうと、どうなるでしょう?
こうなってしまうと冗談抜きに、まともに生活ができなくなるのでは?と私は思うのです。

生きていくためには仕事が必要です。その仕事をこの時代にインターネットなしで探し、(たとえ業務上必要でも)インターネットを使わずに仕事をこなし、稼いだお金をネットショップなんて使うことなく実店舗のみで使う。

そんな生き方ができるとは、少なくともインターネットありきの仕事をして暮らしている私にはとても想像がつきません。

インターネットは人類を進化させた

たとえて言うなら、人類にとってインターネットの発明は、はるか昔に火を発見したことに匹敵するほどの革命です。
インターネットは積極的にいくらでも使うべきであり、「インターネット依存」なんて言う言葉は、私に言わせてみれば「加熱依存」と言っているくらいナンセンスです。

火をはじめとした熱がなければ食べられるものがひどく制限されるのと同じく、インターネットがなければ生活がひどく制限されるのは、もはや当たり前のことなのでしょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*